English

日本に於ける金工の歴史は、二千年余の長きに渡ります。今日、展延性や可塑性といった多用な性質を持つ金属は、芸術家が作品を制作する際に主要な媒体となっています。フリーア|サックラーは、優れた金工作家を顕彰し、その作品を広く観衆に紹介するため、日本金工作家招聘制度を2015年に設立しました。

最初の客員作家として選ばれたのは、大角幸枝氏でした。 大角氏(1945年生)は、鍛金技法で成形し、布目象嵌と呼ばれる象嵌技法を用いて装飾を施した銀器を専らとされています。下地となる銀板から形作られた器に金や鉛を象嵌して、雲・水・波などの自然の情感の表現に取り組まれておられる氏の作品は、東京国立近代美術館やスコットランド国立美術館をはじめとして、数多くの美術館に収蔵されています。

2014年に開催された第61回日本伝統工芸展へ出品した銀打出花器「風韻」は、栄えある日本工芸会保持者賞に輝きました。また翌年には、金工・鍛金では女性初の無形重要文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

大角氏は2015年10月に訪米され、約一ヶ月間滞在されました。この間、美術学生、作家、美術館職員、そして一般を対象とした講演・授業・実演を通して、その作品・美学・卓越した技を披露してくださいました。また渡米を前に制作過程を撮影した動画を用意され、 美術館で行われた講演の際に公開されました。更には、作品への取り組みについてお話くださった対談も録画されました。 滞留中には、「大角幸枝:風と波」と題して、氏の作品がサックラー・ギャラリーに於いて特別展示されました。

弊館以外では、ボルティモア・ジュエリー・センターに於いてワークショップを開催し、布目象嵌技法を教授されました。各参加者が受け取った鑿や金槌といった工具一式は、氏自らが焼き入れや研ぎをしてくださったものでした。米東海岸を旅した際には、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで金工と宝飾デザインを専攻している学生たちに講演をすると共に、美術館、ワークショップ、金工作家を訪問しました。「自由の女神」の内部にある巨大な銅枠がどのように構築されているかを視察する稀な機会にも恵まれました。

2015年11月には、蒐集家であり研究者でもあるシャーリー・Z・ジョンソン氏が、現代日本の金工作品について講演されました。

日本金工作家招聘制度 次期客員作家 2018年4月

二番目の客員作家として選ばれたのは田中照一氏(1945年生)で、2018年4月5日から22日まで滞在されます。一般を対象とした講演会を4月8日(日)に行い、滞在期間中には、氏の作品三点がサックラー・ギャラリーに於いて展示されます。

ルイズ・コート
陶磁担当、学芸員